Skip to content

地域や地球環境にやさしいろ過器

ペットボトルの中に泥などが混じった濁った水を入れてしばらく放置しておくと、下には泥が蓄積され上側には透明に近い水になります。

これは沈殿作用により泥と水が分かれる現象です。透明に近い水は不純物が大量に含まれているのでそのまま飲むことはできませんが、浄化装置を使うことで飲料水として使うこともできるといいます。砂や砂利などを使ってろ過器の実験を学校の授業で受けた経験を持つ人も多いかと思われますが、高圧力式細砂ろ過装置は大量の水を短時間で浄化させることができる能力を持つ装置で、砂や砂利を使っているなどの特徴を持ちます。

原水は一度着水層に給水される、ここから高圧力式細砂ろ過装置に送り、装置の下側からパイプを使い浄化槽にためる、これが基本的な浄化システムです。工場内で大量の水を取り扱うときなど、河川からの水を使う工場も多いわけですが大量の水は再び排水が必要になります。ちなみに、ろ過器の中には薬剤を注入するタイプもありますが、高圧力式細砂ろ過装置は薬剤の注入が要らないなど環境にも優しい、自然に近い環境で浄化ができるろ過器です。

なお、超細砂はろ過砂の中でも粒径が0.3mm以下の微粒子、これに加えて目的に応じて粒径は0.02mmから0.25mmなどの超細砂を利用したろ過器で河川にそのまま流すことができる排水処理を可能にします。工場などで使う浄化システムは、地域や地球環境にやさしいエコ浄化システムといえましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *