Skip to content

大量の水を一度に取り合つけるろ過器もあります

ろ過器は水を浄化するための装置の総称、身近な場所にあるろ過器の代表といえば家庭用浄水器が挙げられます。

家庭用浄水器はそのまま飲むことができる水道水に含まれる不純物を取り除き、おいしくて安全な水を給水することができる装置です。水を浄化する目的の中には、飲料水以外にも産業用の水を浄化しなければならないなどの重要な役割を持ちます。河川や海からくみ上げた水をろ過器を使って浄化、この水を使って工場内で利用するときにも欠かせない存在です。

特に、海水に塩分が大量に含まれているため、そのまま装置に給水してしまうと装置の故障や設備全体のトラブルが起きやすくなります。河川の水はいろいろな不純物が含まれているので、海水と同じく設備トラブルの原因になりかねません。工場の中で使った水はそのまま河川に流すことはできませんが、ろ過器を使って浄化すれば環境にやさしい排水として流せるなど産業の中でも欠かせない存在です。

家庭用の浄水器などの場合は1度に取り扱う水量が少ないのですが、大きな工場ともなると1分間に数トンもの水を給水もしくは排水することになるため、ろ過器事態の速度や水質改善の性能が求められます。一度に大量の水を取り扱うことはできるけれども、水量が多くなればなるほど不純物の量が増えて処理能力が上限に達してしまう、これでは工場設備では使うことができませんので処理能力が求められるわけです。なお、このような設備は河川の水質改善にも役立てられているといわれており、魚が住むことができる河川に変える際には欠かせません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *