Skip to content

浄水器に使用されているフィルターもろ過器です

従来の日本には数多くの井戸があり、近所に川がない場所などでは生活水として使用され続けていました。

現在でも井戸が残っている場所が多いのですが、地下水が汚染されているなどの理由から飲料水として利用することができないケースが多いようです。ろ過器は汚染されている水をきれいなものに浄化するための装置の総称、汚染されているものを浄化しても飲料水として使えるのか否かは別にしても、大量に浄化できるろ過器などは様々な産業の中で活用されています。

例えば、工場から排出する汚水などもろ過器を使って浄化させることで近隣の河川の環境を守ることに繋がりますし、逆に工場内で使用する工業用水などもフィルターを通せば不純物が激減、装置の故障なども起こりにくくなります。身近な場所では浄水器がありますが、浄水器は水道水に含まれる不純物を取り除き、安全でおいしい水に変えてくれる装置の総称です。不純物をどこまで取り除くことができるのか、これは浄水器の性能を左右するものです。

一般的には、水道水に含まれる塩素や金属やごみなどの不純物を取り除くものが多くあり、中にはRO膜と呼ぶ特殊なフィルターを用いた浄水器もあります。RO膜はろ過器の中では優れた能力を持つもので、不純物の大半を取り除くため注目を集めています。ただし、水に含まれるミネラル分も取り除いてしまうのでミネラルが欲しい人にとってはあまり良いものではない、逆に赤ちゃんのミルクなどには最適といいます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *