Skip to content

意識レベルを調べるためのGC-Sについて

GC-Sとは、グラスゴーコーマスケールという言葉の略称で、頭部外傷の患者の意識レベルを世界的な基準で示すものです。

救急外来や集中治療室でよく使われ、目が開いているか、会話ができるか、痛みや刺激に反応するかという点において、それぞれ段階づけられていてそれが点数で表されます。例えば開眼に関しては、自発的に開眼する4点から痛みや刺激を与えても開眼しないというレベルになれば1点がつけられ、言語機能に関しては、普通に話せる5点が最良で発語しないというレベルなら1点になります。

運動機能に関しては、指示に応じた動きができる場合は5点で痛みや刺激にも反応しないというのが1点です。開眼は4段階で言語が5、運動機能が6という段階に分けて、それらの点数の合計点で重症であるか、緊急であるかということが判断されます。GC-Sでは最高点の15点なら最も軽症で、頭部の外傷があっても意識レベルもしっかりとしていて最良の点数ですが、最悪の状態なら3つの項目がすべて1点で合計3点という数字になってしまいます。

呼びかけたり刺激を与えても目を開けず、声も発せず刺激を与えてもビクともしないという状態になると、深いこん睡状態に陥っているということです。しかし、合計点が8点以下なら緊急度が高いと判断されます。また短時間に点数が2点以上下がった場合は容態が急変したということで、何らかの検査や治療を急ぐ必要があるのです。頭部外傷で意識の低下が認められるときには、どの程度低下しているかを調べる必要があります。その時に使われるのがGC-Sですが、そのほかにジャパンコーマスケールの「JCS」という指標もあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *