Skip to content

家電由来のリサイクルを行うGC-Sとは

GC-S(株式会社グリーンサイクルシステムズ)は、大手電機製品製造会社のグループ企業です。

家電リサイクル由来の複合金属部品やプラスチックの再生素材化処理と、再生素材の販売を行っています。家電リサイクル由来の圧縮機や熱交換器などの複合金属部品は、材質ごとに分離すれば素材としてのリサイクルが可能です。圧縮機からは銅と鉄を、熱交換器からは銅やアルミ、鉄を回収することができます。GC-Sでは、専用の自動化されたラインで解体・回収を行っています。

回収されたものは専門の会社で高純度の金属に精製され、国内循環しているそうです。プラスチックのリサイクル処理工程では、親会社が独自に開発した技術と設備が用いられています。じつは、家電リサイクルで回収されるプラスチックのうち約7割は、従来の技術では選別困難な複合プラスチックなのだそうです。GC-Sでは、粒度を均一にする加工や、比重差を利用した湿式選別、摩擦帯電を応用した静電選別、有害物(臭素)規制に対応した除去設備などの独自技術と設備を用いた全自動ラインで、高純度の素材を大規模に再生しているそうです。

このようにして生産された再生素材は、専門の加工会社を通じて国内の自動車や家電、物流機器、建築土木のプラスチック製品へと循環しています。そのほか、改質剤を加えて成型した粒状の素材は、親会社が製造する家電製品にも使われています。その品質は通常の(リサイクルではない)プラスチックと同等といわれ、長年の実績によって証明済みだそうです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *