Skip to content

熱交換器とはどのようなシステムなのか

熱交換器は様々な機械の中のシステムとして採用されています。

そもそも、それはどのようなものなのかというと、二つの異なる温度を持った物体間で熱を移動させ、加熱や冷却を行うシステムのことを指します。身近なところでは、皆さんが日頃乗っている自動車のラジエーターやインタークーラーなどにも使用されています。産業用に関して言うとボイラーがその代表で、水を温め蒸気を発生させるためのシステムに用いられています。

そして、この熱交換器が用いられている装置のなかでは、水蒸気を発生させその力を利用するものが数多くあります。ボイラーもその一つですが、発電システムなどもこれにあたります。発電の過程でまずは、燃料を燃やすことで発生する熱で水蒸気を発生させ、タービンを回転させることで発電を行います。その燃やした燃料を冷却する過程で、再度水蒸気を発生させ発電を行う過程において、熱交換器が利用されています。

そのため、一度の燃料の燃焼で回収できるエネルギーの総量を増やすことができます。つまり、環境に優しくエコロジーなテクノロジーであると言えます。これが、双方向に熱を冷やしたり、熱したりできるようになれば、さらに多くのエネルギーを生み出すことができるようになるでしょう。この熱交換器の開発には、多くの会社が熱を注いでいるため、原子力発電に頼らずとも日本で使う電力を賄える日がくるかもしれません。さらに、家庭用の発電システムにも新たな可能性を示してくれる可能性があります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *