Skip to content

熱交換器の概要と用途

熱交換器とは、温度の高い流体から低い流体へと熱を移動させることができる機器のことを言います。

効率的にエネルギーを交換することが可能になるので、加熱や冷却の用途として使用されています。熱交換器は3種類に分けられます。1つはプレート式です。特徴として凸凹にプレスされた金属を重ね合わせることで交互に温度差のある流体が流れる回路があります。次にシェルチューブ式です。筒の中に細い伝熱管が複数入っており、管の内側と外側で違う温度の流体を流すことで熱交換を行う特徴があります。

最後にフィンチューブ式です。これは伝熱管に伝熱板を付けて伝熱面積を増大したもので、管内に液を流して管外と伝熱板にガス体を当てることで熱交換を行う特徴があります。この熱交換器の用途についてですが、一般用と産業用に分けられ、まず一般用ではエアコンの室内機や冷蔵庫、自動車のラジエーターなどに使われています。

産業用においては、食品や化学薬品を製造する場合の冷却工程や加熱工程また冷蔵工程に用いられています。他にもボイラーや半導体の製造工程や液晶パネルの製造工程、自動車の製造工程で使われています。各工程に共通しているのが冷却や加熱を行うということです。このように熱交換器は一般用から産業用まで幅広く使われており、意外に身近なものであるといえます。普段何気なく使っているエアコンや冷蔵庫、自動車などにも使われており大切な役割を担っているということも改めて感じます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *