Skip to content

「熱交換器 メンテナンス」の重要性

プールや温泉などによく使われる熱交換器ですが、ボイラーの燃料費が高くなったり水・お湯を温めるのに時間がかかる場合にはメンテナンスを考える必要があります。

これはトラブル防止の観点からとても重要です。「熱交換器メンテナンス」を考えた場合、重点的に見ておく必要があるのは消耗部品がどうなっているかです。熱交換器は伝熱効率が高く耐久性に優れている機械ですが、長い時間使用しているとパッキンやプレートと呼ばれる部品に劣化が生じることによって故障の原因になりやすいです。また、伝熱面に汚れやスケールという水に含まれているカルシウム・マグネシウムなどといった無機塩類化合物が付着することで充分な性能が発揮できなくなるので、こちらも定期的に洗浄するなどをして付着物を落とさなければなりません。

スケールは水に溶けにくい性質をもちますので、ただ洗っただけでは除去は困難です。「熱交換器メンテナンス」をあまり考えずなんとなく使い続けた場合、故障の原因になるだけではなく修理に必要な費用も多くかかります。「熱交換器メンテナンス」にかかる費用は、修理するときの熱交換器の状態によります。10万円支払って手に入れた熱交換器でも、トラブルの内容によっては100万円以上の費用がかかることもあります。また、海外の熱交換器を使用している場合、修理費用はそれ以上かかることもあり会社経営を揺るがしかねない事態になる場合もあるため、定期的なメンテナンスは必須です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *