Skip to content

熱交換器 メンテナンスの重要性

熱交換器メンテナンスを怠ると様々な問題が発生します。

例えば、温水プールや銭湯では、熱交換器が不具合を起こしてしまうと、水を張った後に温めるまでの時間が長くかかってしまったり、逆に水風呂などでは、一定温度を保つことができなくなってしまいます。また、熱交換器から水漏れが発生すると、循環する水の量が徐々に少なくなってしまうこともあります。だからこそ、熱交換器のメンテナンス作業には細心の注意を払うことが重要なのです。熱交換器メンテナンスは、熱交換器の種類によって注意すべき点は異なります。

一般的な熱交換器の種類として、シェルアンドチューブ型があります。シェルアンドチューブ型の熱交換器メンテナンスは、チューブ内に固着したスケールや残存する泥、スライムなどは熱交換能力を低減させることを防止するため、丹念に長いブラシでの洗浄作業を行いましょう。硬くなったスケールはブラシでは取れないため、熱交換器に仮設配管と仮設ポンプを設置して酸性液を循環して除去する薬品化学洗浄がおすすめです。

除去率は非常に高くなるのですが、酸性液が人体に有害であるため、専門業者に作業を委託することが無難でしょう。シェルアンドチューブ型は、多くのチューブが使用されていることから、1本や2本のチューブが閉塞したとしても他のチューブに水が流れるため、熱交換器の性能低下の減少には気づきにくいものです。知らないまま稼働させると運転費用の増加原因ともなりますので、定期的な点検を行うことがおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *