Skip to content

省エネ対策で経費削減

省エネというと、細かいことばかりで面倒に感じる方も少なくないでしょう。

確かに従業員にとっては面倒なこともあるかもしれませんが、企業にとっては省エネ対策をすることでこれまでかかっていた経費を削減できる可能性があります。従業員の小さな協力で経費削減という大きな目標を達成することが出来れば、企業の営業利益を上げることにも繋がり、最終的に従業員への利益還元という形で循環して還ってきます。従業員にとってもお金をかけずに対応できることであれば、地球環境のため、自分が働く企業のために協力をすることはメリットとなるでしょう。まずは、空調が効率的に運用されているか見直してみましょう。大規模オフィスになればなるほど、空調に使用される電気代は大きな経費となってきます。

クールビズ、ウォームビズの時代ですので、空調の設定温度を見直し、外気を取り入れるためにも窓を開けて換気をすることで省エネに取り組んでみましょう。また、ムダな残業をしていないかの見直しも省エネの観点からも有効です。従業員には効率的な働き方をしてもらうことで、企業は残業代の支払いを削減することになりますし、ダラダラとオフィスに残らずに時間配分をきっちりと守って働いてもらうことで、残業している従業員のためにオフィスを解放し、電気や空調代をかける必要もなくなります。就業時間を守ってもらうことは、従業員のワークライフバランスにとっても大切ですが、企業の省エネ活動にも良い効果を生みます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *