Skip to content

熱交換器 スケール対策について

物体が持つ熱エネルギーは、高いところより低いところに移る性質を持っていて、物が高い位置から低い場所に移動する現象とよく似ています。

お湯で満たされた配管の近くに常温の水がある配管を置いておくと水が温まります。この原理が応用されているのが熱交換器であり、さまざまな機器に応用されています。キッチンや風呂ではお湯が使われますが、このお湯は給湯機で作られていることが多いです。給湯機は電気やガスの熱を起こして、その熱を熱交換器によって給湯管に流れる水をお湯に変換します。常温の水が熱交換器によってお湯となり、キッチンや風呂に送られているのです。この熱交換器はエネルギーの移動をしやすくするために、内部の配管は細くて長い仕様になっています。

効率化の点では良いのですが、入ってくる水に不純物が混じっているとスケールとなって管内に蓄積されてしまいます。血管のコレストロールと同様に、正常な流れを妨げますので、さまざまな影響を及ぼします。具体的には、お湯が出なくなったりお湯の温度が上がらないなどですが、熱交換器スケールの問題はよく起こりやすい事例であります。この場合は、自分で修理することは難しいので、メーカーなどの専門業者に修理依頼をすることが賢明です。

主な修理方法には二つがあり、熱交換の部品の取り換えと。洗浄装置による管内の洗い流しです。いずれにしても修理の間はお湯が使えませんが、長期にわたり使い続けるためには必要な作業であります。熱交換器スケール対応の交換や洗浄では、まず双方の作業の見積もりを取り、購入した年月と照らし合わせて判断することをお勧めします。また、洗浄では薬液を用いますので、作業後の入念な清掃が必須です。大量のお湯を長時間流すことが、その具体的な方法です。熱交換器スケールの問題は突然起こりますので、お湯が出ないなどの不具合を発見したら必要に応じて専門業者に問い合わせるべきです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *