Skip to content

プレート式熱交換器 スケールや腐食が発生すると

コンパクトでシンプルなプレート式熱交換器は、故障や不具合によるトラブルが起きにくい機器ですが、長年にわたって使用し続ければ、やはり何らかのトラブルも発生し始めます。

その原因についても、熱交換器スケールの蓄積や腐食をはじめ、プレートガスケットの劣化や貫通割れなど、多岐にわたります。このような状況を放置し続けると、作業現場では深刻なトラブルにつながっていきます。例えば熱交換器スケールといった汚れが器内に蓄積していけば、作業現場で必要な一定の温度流体を確保できなくなり、生産効率も下がってしまします。

あるいは伝熱プレートが劣化や腐食すると、混合液の成分バランスが崩れ、製造ラインにトラブルを招くことになります。最悪のケースでは製造ラインの操業自体を、ストップすることにもなりかねません。そもそも熱交換器のように、製造プロセスの管理下には直接影響されない機器類の場合、多少の劣化や腐食等で不具合があっても、なかなか気づきにくいのが現状です。

したがって普段から定期的な点検やメンテナンスが求められます。これを地道に行うことで、深刻なトラブルを未然に回避し、熱交換器を設置した初期の状態で、本来のパフォーマンスを発揮することが可能になります。例えばプレート式熱交換器スケールが蓄積してくると、伝熱面にこびりついたスケール層が伝熱抵抗となって、徐々に熱交換する能力を低下させていきます。このような状態になったら、機器を分解した上でスケールの状況を把握し、伝熱プレートを洗浄するなどでして、メンテナンスしなければなりません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *