Skip to content

熱交換器 スケールを除去して効果を保つ

熱交換器スケールは私たちの身近なところで活用されています。

クーラーや冷蔵庫、ラジエータなどがそうです。熱交換器スケールの原理はどのようなものでしょうか。二つの管が並んでいて一方は熱い水もう一方には冷たい水が流れています。熱湯の熱はとなりの冷水の管に奪われます。冷水の水は温かくなり熱湯は冷めたお湯になります。このように互いに熱を伝え合うことで、希望する温度の空気や水を得ることができます。優れたシステムですが、実は自然界には太古の昔から存在していました。

極寒の地で生きる動物の足がなぜ凍傷にならないかというと熱交換が行われているからです。動物の体内には熱交換器スケールが存在しており彼らのかわいい足を守っています。氷の上を歩くので接地面である足の血流が冷えます。冷えた血流の隣にある別の血管には体温で暖められた血が流れています。二本の管が熱交換を行い体温を保ち、足が冷えすぎるということがおきません。

人は自然界から学び熱交換器スケールを開発し応用しています。自然界のものと異なる点はメンテナンスが絶えず必要な点です。管の中には不純物などがたまり、熱交換を阻害します。熱の伝導率が悪くなるため、エネルギーを浪費することにもなりかねません。そのためには管の中のスケールを定期的に取り除く必要があります。不純物の多くはカルシウムなどの鉱物なので、特殊な液体によって取り除きます。効果的な熱伝導のためにはメンテナンスが欠かせません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *