Skip to content

熱交換器 メンテナンスは定期的な洗浄と機器の確認

熱交換機は、温かい流体から冷たい流体へ熱を移動させる機器です、用途では、産業用ボイラーで用いたり、食品製造や化学薬品製造にあたっては冷蔵保管といった場所で使われます。

自動車の熱交換器といえばボンネットに収納されているラジエターが該当するのです。それぞれ適切な熱交換ができるように工夫された機器があります。最近は、高効率・コンパクトなどの利点があるために、プレート式熱交換機を使用する所が増えています。熱交換器を安定して稼働するためには、熱交換器メンテナンスをして常に高効率な熱の移動を確保することが大切です。

熱交換不良を改善させる方法は、定期的に洗浄することがなにより重要なポイントです。プレート式熱交換器の構造は、ステンレスやチタンなどの耐食性金属の薄板に凹凸のある波型パターンをプレス加工した「電熱プレート」を必要枚数重ね合わせた構造になっています。各プレートの間を高温流帯と低温流帯が対交流となって交互に流れることで熱交換をします。熱交換器メンテナンスをするには、ケミカル洗浄を機器に施したり、プレートを分解して分解洗浄をします。

最適な洗浄剤を用いることで洗浄効果があがります。熱交換器メンテナンスは、洗浄効果によって熱交換の高効率を確保する作業になりますから手を抜くわけにはいかないです。洗浄工法を選び対象となる設備や配管を実際に現地調査し、汚れ具合や機器の状況を確認する作業を実施します。すべての洗浄過程をトータル的に把握していることが必要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *