Skip to content

さまざまな種類の排熱利用

排熱利用に活用できるのに、そのまま捨てられているいろいろな種類の未利用熱があります。

例えば工場から排出される高熱な蒸気です。そのままの状態で利用できるので、無駄なく活用することができます。清掃工場など常に稼働しているようなところでは、安定供給が見込まれます。吸収型の冷凍機に対して熱源として利用できるので、冷熱の熱交換も有効な排熱です。火力発電所の場合は、蒸気とともに温水も排出されるので、より多くのエネルギー源に活用できます。

変電所や地下鉄の排熱はそれほど高温ではありませんが、ヒートポンプの熱源水に利用すれば温熱のエネルギー源として活用できます。地下に設置されているケーブルからも排熱がでます。それも無駄にすることなくヒートポンプに使うことができます。LNG冷熱は冷気を排熱利用することができます。発電所などは自家消費の目的で排熱利用ができますが、清掃工場などは住宅に近いところにあることもあり、近くにある住居に対して暖房や給湯用の熱源として供給することが可能です。

熱は温度差が高ければ高いほど効率の良いエネルギー源となりますが、多少の温度差でも十分通行活用できます。なかなか低温の排熱を利用することに考えが及びませんが、低温のものを温めたり、その補助をするだけでもエネルギーを有効に利用できていることになります。限られた資源で生活しなければならないので、使える状態であれば使い切った方が良いでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *