Skip to content

環境に優しいエネルギーとして注目の排熱利用

近年はエネルギー資源の価格も高騰化しており、かといって製品の価格に反映させるのも難しく、何かと悩んでいる企業も多いのではないでしょうか。

石油や石炭といった資源の埋蔵量には限りがあり、今後も安定した価格を期待するのは難しそうです。価格が上がりそうなエネルギー資源を使い続けるより、いま話題の環境に優しいエネルギーへ変えてみてはいかがでしょうか。環境に優しいエネルギーの一つとして注目されているものに、排熱利用と呼ばれるものがあります。

これはゴミなどを燃やした時に発生する熱をエネルギーとして再利用する技術のことで、本来であればそのまま捨てられていたものを再利用できることから、環境的にもコスト的にも優しいとして導入する企業が増えています。排熱利用の仕組みは、ゴミなどを燃やした際に生じる熱でタービンなどを回し発電するというものです。従来であれば石油や石炭を使ってタービンを回していたのですが、それがそのまま排熱利用によって代替できるためコスト的にもとても有利になりました。

特にへ普段から工場の敷地内でゴミを燃やしているような企業にとって、またとないエネルギーと言えます。排熱利用はすでに様々な場面で使われており、例えばゴミ焼却場で発生した熱を再利用して温水プールを温めるというものが有名です。さらに工場内では設置されているボイラーから発生する熱を装置を使って回収し、温め直して循環させるというシステムも登場しています。エネルギーの消費量を抑え省エネを実現できる魅力的な技術です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *