Skip to content

事業所向けの排熱利用をする発電装置とは

昨今は再生可能エネルギーが高い注目を集めており、政府でも企業だけでなく一般家庭に再生可能エネルギーの利用を推し進めるようになりました。

世界では1990年代以降、各地で平均気温の上昇と異常気象現象が数多く報告されています。これは温室効果ガスの影響によるものであり、事態を重く見た先進国では2025年までに各国で二酸化炭素の排出量を15%まで削減することを目標に掲げています。日本も例外ではなく、火力発電所を減らして太陽光・排熱・風力発電といった新たな形で電力を賄うようになりました。

大規模な事業所の場合、毎日空調機や各種生産ラインを駆動させることによって排熱が生まれます。この排熱利用をして電力を作り出すことができ、2010年から各事業所で「熱交換スケール」という排熱利用発電装置を設置する補助金を政府並びに環境省が支給をしています。この「熱交換スケール」とは、内部に備わっているタービンを熱で駆動させる装置で、排熱利用でタービンを動かしながら電気エネルギーを作り出せるエコロジーな発電装置と位置づけられたものです。

約500ヘクタール以上の敷地面積がある事業所では平均2、500kcalもの排熱が毎日生まれる算出で、この排熱利用をすれば1日4、200kwもの電力を「熱交換機スケール」で作りだせます。事業所の2/3の電力を賄えるため、大幅な電気代の節約と共に温室効果ガスの排出量も減らして環境に優しい活動を実現できます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *