Skip to content

熱回収は熱交換器の選択が重要

熱回収は排出される温水や蒸気などをそのままにするのではなく、回収して再利用するサーマルリサイクルと呼ばれる仕組みです。

使えるエネルギーを有効活用することで環境への影響を少なくすることやコスト削減につなげることができます。その効率をできる限り高くするためには、熱交換器と呼ばれるシステムの存在が大きく影響します。熱交換器は2つの物質の間に温度差があるものを使って、それぞれの熱エネルギーを交換する仕組みです。排熱をそのまま使うよりも用途が広く、効率的に熱回収できます。

その熱交換器にはさまざまな方式があり、形状や状況によってメリットが変わってきます。プレート式では板状の配管の中を温水を通して表面の空気を温めることに使われます。小型で少ないスペースで使える利点がありますが、排水の場合は目詰まりの恐れがあるので、異物が多いものは使えません。シェルチューブタイプは多管式で大量に流すことができるので、制限が少ない特徴があります。

スパイラル式は配管を巻きつけるような状態で配置するので、異物の多いものは使えませんが多管式よりも小型にできるメリットがあります。熱回収を行う時は、利用する排熱の状態や特徴をしっかり確認して、利用しやすい方式を選びましょう。メンテナンスが頻繁に必要になると、可能時間が減って再利用する意味がなくなってしまいます。持続可能な方法を構築できることがサーマルリサイクルを導入する時の要件と言えます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *