Skip to content

熱回収はリサイクルの一つ

熱回収は排熱を利用して、エネルギー源として活用するリサイクルシステムです。

サーマルリサイクルと呼ばれることもあり、資源の有効利用の一つとして注目を集めています。排熱は目に見えるものではありませんが、温水や冷却水、蒸気などいろいろな形で排出されています。温度の範囲も決まっているわけではなく、低温でも利用できることがあります。熱回収で重要なことは、温度差を利用して何に活用するかと言う点です。資源のリサイクル同様、他のものに姿を変えて有効利用します。例えばボイラーから出る上記で給水システムの配管を温めて温水を作り出すような利用方法です。

温水を作った後は蒸気は高温でなくなるため、水と気体に分かれて普通に処理することもできます。暖房や給水などは、効率の大きさにもよりますが、必ず排熱が発生します。その一部でも何かに活用できれば、無駄にするエネルギーを減らすことができます。本来なら必要となるエネルギーを不要にすることで、環境保全に貢献することができます。また熱回収を行うことで、コストの削減を実現することも可能です。

温風などの利用によって暖房機器のコスト削減が可能だったり、ヒートポンプ効果によって、冷房に活用するようなことも考えられます。持続可能な熱エネルギーのリサイクルを続けることで、二酸化炭素の排出量を間接的にでも削減することにもなっています。これからも環境を維持するためには、このようなところまでリサイクルを行うことが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *