Skip to content

熱回収における利点と欠点

リサイクルと言えば使い終わった物を再利用して、新しい物に作り替えるイメージがあります。

ペットボトルであればエコバックやユニフォームとしても使用されていて、ある意味変形自在です。その自在さからベンチにも使用されていたりあらゆるところで役立てられています。このリサイクルシステムは区別化されており、上記のような再製品化を目的としたマテリアルリサイクルとは別にもう二種類あります。科学的に分解して科学製品の原料として再利用するケミカルリサイクル、固形燃料にしたり焼却して熱エネルギーとして再利用するサーマルリサイクルがあります。

しかしペットボトルやその他の資源も原材料によって全てが再資源化できるわけでなく、その場合にサーマルリサイクルが役立てられている。サーマルリサイクルがいわゆる熱回収となっています。熱回収は単に燃やして処理するのではなく、燃やす際に発生する熱エネルギーを回収し利用することです。日本ではエネルギー回収という概念ですがEUではエネルギーリカバリーとして用いられています。

国によってリサイクルとリカバリーの概念が違って、意味合いは同じですが表現にも環境問題への取り組みの熱意が伝わります。焼却処理はかえって二酸化炭素を排出しそうですが、削減した原油の二酸化炭素量とである程度相殺できるとされています。技術の進歩により毒素を発生させない燃焼法の確立により、熱回収が主流になりつつあります。ただ燃やさずに再利用できる資源まで分別されずに燃やしてしまう欠点もあります。再利用できていることには変わらないので、更なる環境問題への改善が期待されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *