Skip to content

熱回収によるリサイクル

熱回収とは広い意味でのリサイクルの一種で、廃棄された物を埋め立てに回したり単に燃やしてしまうことではなく、燃やした上で、燃焼によって生じる熱を有効に利用することを指します。

燃やすことに変わりはないので、元の物品のまま再利用することはできませんし、例えば古紙を回収して再生紙として利用するといったように素材として再利用することもできません。その意味では熱回収は効率性の上では決して最善のリサイクル法ではなく、可能な場合には元の物品のまま再利用することや、素材として再利用したほうが良いことは間違いなく、そのまま埋め立てなどに回してしまうよりは有用だというくらい程度に過ぎないものであることは理解しておく必要があります。

熱回収により生じた熱の利用方法ですが、最も分かりやすいのは水を温めて温水とし、それを有効に活用することです。単純には例えば温浴施設を作り地域住民に利用してもらうとか、冬場であれば温水を利用して暖房に活用することもできます。これは小規模な施設に適しています。

温浴施設にせよ暖房利用にせよ、非常に広域にわたって利用するには設備などの面で限界があり、限られた地域内で有効に利用するにはある程度の上限があるため、それ以上に熱が得られても使うすべがないからです。一方、大規模な熱回収設備であれば、生じた熱を利用して水を沸騰させて水蒸気を発生させ、その水蒸気によってタービンを回して発電に活用するようなことも可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *