Skip to content

マルチサイクロンは液体や気体など様々な物質に対応

強力な旋回気流を使い、粒子を分離させる遠心力集塵機のことをマルチサイクロンと呼びます。マルチサイクロン内部には、流入口から入る含塵ガスを排気筒に送り込み、排気筒の下側にあるガイドベーン部分を通過する際に含塵ガスは加速されます。この加速によりサイクロン内部では強力な下降旋回流を生み出することになります。ガスに含まれるダストは、この強い旋回流で外筒部分に集まって来るので、旋回流で下降して下部にあるコミカル部からホッパーと呼ぶダストを集める場所に排出されます。

マルチサイクロン内には加工する旋回流とは逆に回転する反転旋回流があり、この流れによりサイクロンの中心部から上方向に上昇する、塵が含まれない清浄ガスを取り出すことができる、このような仕組みを持つ装置です。マルチサイクロン自体は気体や固体、液体など幅広い物質を取り扱うことができるのですが、どのような物質を取り扱うのか、含まれるダストの種類などに応じて適合するものが決まって来るようです。ちなみに、汚水に含まれる汚れを取り除くときにはろ過器が使えると考える人は多いかと思われますが、含塵ガスと同じくマルチサイクロンの原理を使うことで水の中の汚れを分離させることが可能です。強力な遠心力により物質は2つに分かれる性質を持つ理由は、それぞれの物質の重さに違いがあるためです。

水と汚れを比較したときには汚れの方が質量が大きいためホッパー部分に汚れが集まる原理を持ちます。マルチサイクロンのことならこちら

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *