Skip to content

マルチサイクロンの利点と課題

マルチサイクロンとは、水質を改善することを目的とした遠心分離式ろ過器のことを指します。水の水流を利用し遠心分離による力で内部に組み込まれたフィルターに不純物を付着させる方式で、如何に水圧を利用して効率よく内部フィルターに水を通して汚れを取り去るかが重要な機器です。マルチサイクロンの仕組みについては、単純に機構を説明すると圧縮した水をマルチサイクロンの入り口から内部に通し、遠心分離を行うよう内部で水流を作ります。この時、遠心分離で分離した水と不純物に分かれるのですが、きれいな水はフィルターをそのまま通過し、不純物はフィルターを通りフィルターに付着してからきれいな水へとろ過されるという仕組みです。

この仕組みは水流を使用して水の流れだけで水を浄化することが可能であるため、ポンプを使用してフィルターを通してろ過をするものと異なり電源を使用しないで水質を改善することが可能である点が利点です。しかし、問題としては、水流が弱い場合、遠心分離機構がうまく機能をせず、ゴミをフィルターに付着させることが出来ない点、水流によりろ過された水を排出する機構上、水流が弱いとマルチサイクロンの入り口を通った水が再度逆流するなどろ過器自体が働かないことが問題として挙げられます。しかし長期メンテナンスの必要性が無い点の他、電気を使用できない場所の水質改善に一躍活用できるなど、仕組みが単純であるが故フィルターの交換だけで済むという手軽さもあり水質改善を行う機器としてマルチサイクロンは活用されています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *