Skip to content

デスケーラーの仕組みと必要性

デスケーラーは近年の工場では非常に重要なものとなっており、製品の品質を維持するために必要不可欠なものであると言っても過言ではありません。その理由は簡単な仕組みでありながら、安定した生産を行うために高い効果を発揮するものであるためです。工場内には様々な工作機械や作業を行う機械などが設置されており、これらは作動することで高熱を発生させることが少なくありません。その熱は放置をしておくと機械自身にも影響を及ぼし、寸法精度が狂ったり、また切削機械の場合には加工精度が低下するなどといった問題を引き起こすことになります。

そのため必要に応じて冷却機能を設置し、冷却水を循環させるなどして適宜冷却することが必要となっています。この冷却装置は水流を循環させ、さらに熱交換器などを利用し冷却水自身を冷やすための仕組みを設けることが一般的です。すなわち本来の冷却水は同じところを循環するために、その中で様々な汚れ等を発生させることが多く、これは内部の管路に蓄積することになり、効率の低下や詰まり等といった問題を引き起こす危険性もあるため注意をしなければなりません。デスケーラーはこれらの冷却装置の管路の汚れを効果的に除去することができるものです。

汚れを除去し安定した冷却水の流れを確保することで効率よく工作機械を冷やし安定稼働させることができます。そのため、デスケーラーはこのような工場の中では非常に重要な役割を担うものとなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *