Skip to content

デスケーラーの作業工程での重要性

工場内で効率的に作業を行うためには、工作機械などを適宜冷却しその性能を引き出すことができる温度に保つことが重要です。特に連続運転などを行っている場合には高熱となってしまうことも多く、様々な部分の熱による影響で製品の歩留まりが悪くなったり、様々な作業機能に支障をきたすことも少なくありません。そのため交差機械の温度管理には十分に注意をすることが必要です。これらの工作機械を冷却する仕組みとして、よく用いられるのが冷却水循環システムですが、これは一般的にはシステムの内部を冷却水が循環しているものとなっており、その内部がいわゆるスケールで汚れてしまうことが少なくありません。

スケールが循環経路の中に蓄積すると、流れが悪くなり循環効率が低下して、最終的には冷却効果が低下すると言うトラブルを招くことがあります。デスケーラーはこのような冷却水循環システムのスケールを除去するものであり、冷却水循環システムの種類によって適用できるデスケーラーが異なるのがポイントです。しかし一般的にデスケーラーは冷却水と同じように本体内を循環させ、スケールを除去した後交換すると言う仕組みとなっているため、その取り扱いが非常に簡単なものとなっており。効果的に利用できるものです。

冷却効率を高め工場の稼働率を維持するためには、工作機械などを安定稼働させることが必要不可欠です。デスケーラーは非常に簡単に取り扱えるものですが、高い効果を生み出すものとなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *