Skip to content

デスケーラーを利用する場面

デスケーラーとはスケールを取り除くための化学薬品のことで、スケール除去液とも呼ばれます。スケールと呼ばれる物質は、主にカルシウムやマグネシウムの硫酸塩や炭酸塩、ケイ酸塩や水酸化物などからなる固形物で、このような物質は熱交換器やボイラーなどで発生するものです。このような環境では水が蒸発するものでその水に含まれる物質のうちスケールになるものは溶解または揮発せずに、かえって水分が蒸発することで濃縮され、固形物となります。このようなスケールは、配管内で起これば流れを阻害し場合によっては塞いでしまいますし、十分な空気や水の流れが確保できなければ効率が悪くなるだけでなく、最悪の場合には破損の原因となってしまいます。

このような物質は非常に細かい場所に存在することも多く、物理的に取り除くことは難しいものですから、デスケーラーと呼ばれる化学薬品が使われます。基本的には、強力な洗浄液の一種といえるデスケーラーで、強酸性の性質を持っているものが殆どです。この強酸性によって固形物を溶解して取り除くことが目的ですが、強酸性の物質は金属を腐食させる原因となってしまいます。ただ最近のデスケーラーはそのような金属の腐食対策をしている物も増えており、使用できる環境は以前と比べて広がっていますし、また添加剤の機能によって皮膚への刺激性を低減したり、洗浄にかかる時間を大幅に短縮したものもあるなど利用しやすいものも増えています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *