Skip to content

暮らしの中での省エネ

省エネというと、家計の節約につながるからという観点で実行するという人が多いのではないでしょうか。でも省エネすることは、地球環境を守るという観点からもとても重要なことです。せっかく省エネをするならば「家計を節約するだけでなく、地球のために良いことをしている」という意識も持てれば、より励みになるのではないでしょうか。暮らしの中での省エネというと、使っていない電気をこまめに切る、水を流しっぱなしにしない、冷蔵庫のドアはなるべく早く閉める、といったところが代表的なところでしょうか。

他にも、トイレが暖房便座の場合はふたを閉めておくことで節電につながりますし、洗濯に風呂の残り湯を使用しているという方も多いかと思います。庭木の水やりにも風呂の残り水は有効利用できます。シャワーはややぬるめでもそれほどぬるいとは感じないものですから、設定温度を少し低めにするのがおすすめです。節水シャワーヘッドに交換するのも水の節約には有効です。

日々の食器洗いでも、洗剤や水はなるべく使わないに越したことはありません。古くなってしまったタオルや衣類などを数センチ角程度に切って、流しのそばに置いておくのもおすすめです。汚れのひどい食器などは、その布で汚れをぬぐってから洗うようにすると水や洗剤の節約になります。また、エアコンというのもエネルギーを使用するものです。

クールビズやウォームビズという言葉もかなり定着してきましたが、ビジネスシーンだけでなく、家庭でも服装でできるだけの温度調節をして、エアコンの温度設定を涼しすぎや暖かすぎにしないようにしたいものです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *