Skip to content

企業での省エネ活動はさまざまな方法があります

多くの企業ではさまざまな省エネ活動に取り組んでいます。特に製造業では電気の使用量が多いため、効果的な省エネに取り組むかどうかで利益にも大きく影響してしまいます。電気の使用量に大きく影響するのはやはりエアコンの使用量です。そのため、室温の制限をかけたり、こまめに温度設定を変えるなどの実施が一般的となっています。

エアコンが古いと消費電力が高いため、エアコンの更新は省エネに大きな効果が期待できます。エアコンを更新した費用も、場合によりますが、1年から2年程度で償却できてしまうようですね。次にコンプレッサーの使用が大きく電力使用量に影響してしまいます。さまざまな設備にエアを使用する場合が多く、コンプレッサーの使用電力はばかにはなりません。

特にエアは目に見えないため、エア漏れをおこしていると知らないうちに大きな損失となってしまっている場合があります。自分たちでエア漏れを調査し、修理するといった省エネ活動をして大きな効果をだしている会社があると聞きました。また、このようなエア漏れの調査を専門の設備を使用して代行してくれる電力会社もありました。大手の電力会社であり、ホームページにエア漏れ調査の代行について掲載されていました。

次に蛍光灯をLEDに変更することもよく行われていますが、ランプの寿命から考えても初期投資をするだけの効果は期待できそうです。このほかにもさまざまな取り組みが多くの企業でなされており、効果が上がっています。省エネへの取り組みについては多くの企業のホームページで紹介されていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *